ものぐさ姫のキリトリ線

140字のストレスからの解放

『2016年楽曲10選』落選編

リツイートされてきた以下のブログに触発されました。

 

ameblo.jp

前回の記事で10曲選定しましたが、その際に落選した曲が10曲あるのでおまけで公開。

今回は曲感想と落選理由の短編編。

前回の記事→『2016年楽曲10選』

 

以下の条件で今年の10曲をピックアップしました。

・2016年1月-2016年12月14日発売の楽曲(タグで2016となってるもの)

・エピソード補正などの私見を含めて選定

・1アーティスト/作曲家/作品で1曲縛り

恥ずかしながら再生回数などの記録は正確に記録してないので、私個人としてはそこは除外。

 

●大好き。ありがとう。/petit milady (詞:渡部紫緒 曲:松坂康司)
最後まで当落選を反復横跳びしていた。合唱デュエットとピアノが心地よい一曲。
何かわからないけどまだ伸びる余地を感じる。10位の壁を突き抜けるものがなかった。


●花に赤い糸/麻倉もも (詞:HoneyWorks 曲:HoneyWorks
HoneyWorksの曲と麻倉さんの3:14の『は~ぁ!!』という抜ける声が好きすぎる一曲。
『初めての“好き”をありがとう』じゃないんだよ!両想いになれよ!(泣)にて選外。


●Winning Day/KARAKURI(秋奈) (詞:SATSUKI-UPDATE 曲:SigN)
ジャギジャギな曲を秋奈さんが綺麗に歌い上げた一曲。秋奈さんが凄い。
レギュレーションの作品被り(Tokyo 7th シスターズ:SEVENTH HAVEN)にて選外。


idc/南條愛乃 (詞:KOTOKO 曲:黒須克彦
「かわいいって言われるのキライ」って棘を見せるけど、可愛い曲と声で送る矛盾曲。
レギュレーションの作曲家(黒須克彦[Q-MHz]:I, my, me, our Mulberry)にて選外。


●Days/渡部優衣 (詞:Lily-Rings・KOH 曲:KOH)
KOHさんのほわほわした曲調と、ゆいとん抜けるような唄い方上手くね?って曲。
レギュレーションの作曲家(KOH:秘密のメモリーズ)にて選外。


●ドリドリ/セレナ (牧口真幸) (詞:中川翔子岩里祐穂 曲:鈴木健太朗)
しょこたん楽曲のカバー。“ポケモン史上最も可愛い曲”と銘打たれるくらい可愛い曲。
本当にベタベタに可愛いんだけど、ベタベタすぎるという理不尽な理由で落選。


●ワク☆ドキSHOOTER/奈々菜パル子 (徳井青空) (詞:うらん 曲:山口朗彦
いつも通りパル子元気な徳井×山口の一曲。
途中にSUPER∞STREAMのコードなどもあり、山口ファンはニヤッとする。
裏返っていつもどおりすぎるって理不尽な理由と、楽しみ方がコアすぎるかなって理由で落選。


●お願いシスター!/ミラ・フェンリエッタ (下田屋有依) (詞:矢内景子 曲:矢内景子 編:近谷直之)
心地よいドラムと暴れるピアノや金琴管と疾走感。
伸びやかな歌声に下田屋さんの光るものを感じる一曲。
キャラを知らないせいで、歌詞がキャラソンすぎるのが足を引っ張ってしまい落選。


●黄金時代/RADIO FISH (詞:RADIO FISH 曲:宮田リョウ)
三味線が心地よい和風の攻め曲に無条件に降伏。
オリエンタルラジオ藤森さんの中性寄りな男性ボイスも良い一曲。
歌詞がね~。RADIO FISHのコンセプト的にしかたないけど、中田敦彦すぎるw。


アナーキーインザ夕景/ここなつ (日南結里 & 小澤亜李) (詞:ぬゆり 作:ぬゆり)
ボカロっぽいギターが頭おかしすぎる曲。ここなつの二人も曲に合わせてイケボ。
なんなのか聞いてて疲れるというか、聴くのにカロリー使いすぎて普段聴きできないので落選。

 

以上の落選10選。

もちろん他にも何百曲も落選曲はあるけれど、この10曲は健闘したってことで紹介。

勝手に書き散らす日記だしね。。。。。暇なんだよ(直球)