ものぐさ姫のキリトリ線

140字のストレスからの解放

『2016年楽曲10選』

リツイートされてきた以下のブログに触発されました。

 

ameblo.jp

記録として残しておくのも乙なものかなぁと。

日記だし。

追記:続編も書きました。選外の10選です。

『2016年楽曲10選』落選編 - ものぐさ姫のキリトリ線

 

以下の条件で今年の10曲をピックアップします。

・2016年1月-2016年12月14日発売の楽曲(タグで2016となってるもの)

・エピソード補正などの私見を含めて選定

・1アーティスト/作曲家/作品で1曲縛り

恥ずかしながら再生回数などの記録は正確に記録してないので、私個人としてはそこは除外。

 

●SEVENTH HAVEN/セブンスシスターズ(詞:kz(livetune) 曲:kz(livetune))
2016年に狂った様に聞いた曲。2時間ぶっ続け爆音リピートとかしてました。
ゲーム内でレジェンドアイドルを謳った、それに恥じない一曲。
かっこよすぎて、生涯で初めて曲を聞いて興奮で鼻血が出ました。

 

●I, my, me, our Mulberry/Q-MHz Feat. 東山奈央(詞:Q-MHz 曲:Q-MHz
Q-MHzとかいうレジェンド集団が、歌い手の特性を活かして好き勝手作ったアルバム。
その中でも東山奈央という声優に、声優東山奈央として架空のキャラクターソングを歌わせたと言っても過言ではないこの一曲。
左右のステレオの遊ばせが好みです。
今年だけでQ-MHzは田所さんやバンドじゃないもん!など、声優からアイドルまで二桁以上の曲がお気に入りになってるけど、その中から一曲選ぶならこれ。

●秘密のメモリーズ/四条貴音 (原由実) x 豊川風花 (末柄里恵)(詞:KOH 曲:KOH)
片想いの魔術師KOHさんが送る2016年度最強の片想い。
流れるような切ないメロディーラインから溢れ出る、秘めたる片想いの切ない歌声のマッチ具合が完璧。
HoneyWorksも片想いの魔術師なんだけど、お気に入りの「花に赤い糸」や「センパイ。」などの歌詞がバッドエンドなのがね…。

●ON AIR/平井堅 (詞:平井堅/曲:平井堅)
軽めの音から、各人の青春や歴史を思い浮かべさせる一曲。
みんなに送る歌詞なんだけど、聴いた各々が思い浮かべるミュージックは違う。
まさにラジオを題材にしてるなーとお気に入りです。

●初恋の棘/Pyxis (詞:中村彼方/曲:俊龍)
頭からフルスロットルで俊龍
歌声に入る手前の駆け上がりの俊龍に一発KOでした。
それ以降も俊龍曲に載せた初恋手前の痛みを、若さ溢れるPyxisのお二人が歌い上げてて大好きです。

 

●流れ星ビバップ/山本和臣 (詞:小沢健二/曲:小沢健二)
中性的な声に惹かれて手を出したこのアルバム。
ビバップながら明るめで手を出しやすい曲調と、すっごいマッチした山本さんの歌声。
あと調べたら歌手の小沢健二さんの楽曲のカバーでした。
どうりでカラオケで同名の曲あるなーとなってた謎が解けました。

 

●ESCORT/早見沙織 (詞:渡辺翔/曲:渡辺翔)
シックでジャジーな曲調x早見沙織の歌声。◎。花丸。
今まで個人的にかっちりとハマってなかった、早見沙織さんの歌声の最適解がこちらと言いたい。

 

●Bloody Festa/白坂小梅 (桜咲千依) (詞:ミズノゲンキ/曲:夏海)
メタル調のギターとドラムに、白坂さんの超ロリボイス。
寒暖差で風邪を引きそうな一曲。
幼女が巨大な斧持って戦うようなアンマッチさが大好きなとこから選出。

 

●Chérie!/チームしゃちほこ (詞:SAKRA/曲:SAKRA)
PVのくるくる変わるファッションの可愛さと、曲の可愛さを掛け合わせた可愛さ2乗盛りみたいな曲。
AbemaでやってたPV垂れ流し番組で知った一曲。
あれがなかったら生涯出会わない、人生どこで曲と出会うかわからないなぁという思い出の一曲。

 

●Guilty Night, Guilty Kiss!/Guilty Kiss (詞:畑亜貴/曲:R・O・N)
R・O・N様が手掛けていたSTEREO DIVE FOUNDATION系統の楽曲をかなりポップにチューンさせて、彼女達のキャラクターソングの枠に収めた作品。
歌声の小悪魔っぽさといい高校生に収まりきれてないけど。またそこが良い。

 

 

以上の10曲が今年のベスト10になります。

今年は大きな柱を失ったり、男にも手を出したりアイドルにもミュージカルにも児童向けソングにも手を出したり、まさに老若男女に手を出し始めました。

歌のフィールドは広いですが、好き嫌いなく手を出し始めた1年でした。

来年もいろんな楽曲に出会えることを祈ってます。