ものぐさ姫のキリトリ線

140字のストレスからの解放

『2017年楽曲10選』落選編

前置きは省きましょう。

前記事の『2017年楽曲10選』の裏ベストです。

『2017年楽曲10選』 - ものぐさ姫のキリトリ線

 

 

以下の条件で今年の10曲をピックアップします。

・2016年12月-2017年11月末日発売の楽曲

・エピソード補正などの私見を含めて選定

・1アーティスト/作曲家/作品で1曲縛り

こっちは外れた原因と良いとこをサラッと紹介


FLAWLESS/Pyxis

作詞:中村彼方 作曲:俊龍

FLAWLESS

FLAWLESS

俊龍被り。アニサマでも回収してエモさ高い。

でも銀の俊龍が熱い暴力でねじり潰してきた。

DVですよあの曲は。

 

スペアミント渡部優衣

作詞:KOH 作曲:KOH

スペアミント

スペアミント

KOH被り。片想いエモい。「恋の音 聞こえてるかな?」エモい。大サビの駆け上がりもエモい。なんで負けたか分からない。

 

たらこのパスタ/花房優輝(CV:麻倉もも)

作詞:NOBE 作曲:村カワ基成

たらこのパスタ

たらこのパスタ

ルフレ(仮)被り。麻倉ももさん、恋する後輩キャラやらせたら天下一品すぎる。

「ひとつもしもワガママが叶うなら、明日も一緒にいていいですか?」エモい。

負けた原因は相手の癖が強かっただけ。ただの選者の性癖の差。

sasakure.UK×豊崎愛生の化学式にやられた。

 

ふみちゃんと乳酸菌/長谷川ふみ(清水茉菜)

作詞:ふわりP 作曲: ふわりP 

ふみちゃんと乳酸菌○○

ふみちゃんと乳酸菌○○

  • 長谷川 ふみ(CV.清水茉菜)
  • アニメ
  • ¥250

ゆゆ式アルバム被り。鐘の音で行進曲、底抜けに明るいふわりPの曲に清水さんの声がエモい。相手(堀江由衣)が悪い。

 

BraveSail/HoneyWorks meets TrySail

作詞: HoneyWorks 作曲:HoneyWorks

BraveSail

BraveSail

枠がなかった。TrySailとハニワの組み合わせ強い。

さらに物語性のある曲を歌わせるのは強いね強い。

曲を作品という意味でadrenaline!!!より好き。

 

Daisy Days/夏川椎菜

 作詞:谷口尚久、作曲:白戸佑輔

Daisy Days

Daisy Days

枠がなかった。夏川さんのヒロインボイスにめちゃめちゃ合ってて一番好き。大サビ前の「どーしよー こーしよー」エモい。初聴時は堀江由衣さんと勘違いして正直申し訳ない。

 

Can't you say/Roys

Can't you say

Can't you say

  • Roys
  • J-Pop
  • ¥250

枠がなかった。恋と嘘EDで何度泣かされたか分からない。ハーモニーの強さも良い。

余談だけど11月にPV付きのCD発売される予定だったけど、さり気なく発売中止になってた。悲しい。

f:id:cut_offline:20171221115023j:image

もう配信の時代ですねぇ。

 

放課後ラバー/こより(CV:花守ゆみり)&あがり(CV:田中 美海)

作詞:只野菜摘 作曲:瀬尾祥太郎

放課後ラバー

放課後ラバー

枠がなかった。瀬尾祥太郎とかいう才能の化け物。MONACAの未来は明るい。

卓球のラリー音が死ぬほど気持ちよくて、それだけで入れてもいいくらいめっちゃ良い曲。

 

星空ハーモニー/柊マコ (CV:安済知佳),ヒナ (CV:Daisy × Daisy

作詞:沼田誠也、作曲:向井健治(Prhythm/epx)

星空ハーモニー

星空ハーモニー

枠がなかった。安済さんのヒロイン可愛い声とDaisy × DaisyのMiKAさんのカッコいい声とのデュエットが気持ち良い。

余談だけど、MiKAさんが水樹奈々さんの妹と言うのを今日初めて知ってびっくりした。どうりで似てるわけだわ。

 

My Dearest Song/イロドリミドリ 月鈴白奈(cv:高野 麻里佳)

作詞:七条レタス 作曲:天門

イロドリミドリ 月鈴 白奈(cv:高野 麻里佳) 『My Dearest Song』MV - YouTube

枠がなかった。高野麻里佳さん何曲かピックアップしてたくらい気に入ってる甘カッコイイ歌声に、チェロの音色がめっちゃ心地良い。それだけで入れようかと思った。

 

以上。落選組の紹介でした。

ゲームソング(KONAMIコロムビアミュージック)は配信販売ちょっと遅いのが紹介しづらいやね。

YouTubeに公式でデモ置いてくれるのは嬉しいけど。

来年も良い曲に出会えるといいな。

『2017年楽曲10選』

去年もやりました楽曲10選。

今年もやりましょう。

 

以下の条件で今年の10曲をピックアップします。

・2016年12月-2017年11月末日発売の楽曲

・エピソード補正などの私見を含めて選定

・1アーティスト/作曲家/作品で1曲縛り

選んでみたらキャラソン率が高い。泡吐きながら選んだ楽曲はこちら。

 

 

ハッピーメリーゴーランド!/大橋彩香

作曲:本多友紀Arte Refact) 作詞︰真崎 エリカ

好きなんですよねーこの曲調。永遠に跳ねられるやつ。

これに関しては多くを語れない。曲が好きすぎる。

特に3分5秒過ぎからのギターソロ→飛び暴れろ!!!って意識された曲の作りがヤバい。

大橋彩香さんノリに乗ってるわ。

 

ナニカダレカ/新谷良子

 作詞:R・O・N、作曲:R・O・N

ナニカダレカ

ナニカダレカ

マジで好きなんですよねー、この曲調。(2回目)

新谷良子×R・O・N×ランティス

実質、ハッピーメリーゴーランド!の曲を10年後ケルト音楽チューンした感じ。

あれからみんな色々あって年も取ったけど、まだまだ夢中に楽しもうよみんな!って酒場で盛り上がる感じ。

色んな新谷良子とファンの「とーしんだい」が詰まってるとこも高ポイント。

ファン補正高めです。

 

Moonlight Story/原由実

作詞:KOH 作曲:KOH

moonlight story

moonlight story

  • 原 由実
  • アニメ
  • ¥250

KOH×意気地なしな片想い曲は強すぎる。

原さんのいじらしい「…いくじなし」って台詞が強い強い。

渡部優衣さんのKOHさん曲と死ぬほど迷った。

勝因は開幕クラップと3分46秒からの変調、4分過ぎからの連続クラップ。ツボを突きすぎてる。

 

銀のイルカと熱い風/大槻唯(山下七海),緒方智絵里 (大空直美),新田美波(洲崎綾)

作詞:森由里子 作曲:俊龍 編曲:Sizuk

【楽曲試聴】「銀のイルカと熱い風」(歌:大槻唯、緒方智絵里、新田美波) - YouTube

冒頭から最後までラッシュしてくる、銀の俊龍と熱い暴力。

本当に曲が力でねじ伏せてきた。パワー曲。

山下七海さんの甘ったるい声(褒め言葉)と俊龍のタッグは鉄板。「Snow Wing」以来ですかね。

数多の俊龍を押しのけて選びました。

 

雨だれの歌/チト(水瀬いのり) 、ユーリ(久保ユリカ

作詞:baker 作曲:baker

雨だれの歌

雨だれの歌

最後に滑り込みしてきた、切なさ高めの雨音メロディに作品補正が高まった曲。

5話でのこの曲への入り方もエモさが高い。

『いつか辿り着いたその時は 共に笑えるように』

どこに辿り着くかも何もかも見えてないこのマンガ・アニメへの一筋の光明。

この歌詞にやられました。

 

はなまるびより/松本頼子(CV.堀江由衣

作詞:yksb、作曲: 鶴田加茂、編曲:MOSAIC.WAV

はなまるびより

はなまるびより

底抜けに明るいミドルテンポな曲調を、堀江由衣さんの歌声がきれいに包み込んでいる曲。

堀江由衣さんの技量と、キャラソンとしての歌詞、色んな面で完成されすぎている一曲。

おかーさーん!!

 

Heart Mystery/エルキュール・バートン(佐々木未来)

作詞: 宮嶋淳子 作曲:Tak Miyazawa

Heart Mystery

Heart Mystery

佐々木未来さん、2017年になって急に演技が強く、そして艶っぽくすごい成長したんですよ。

それを象徴するかのような一曲です。

曲自体もミステリー&クラシカルな一曲で、途中で曲調がガラッと変わるトリッキーさが大好きな曲。

ぜひ全編聴いてほしい。

エリーのキャラソンという意味でも100点満点。

 

ぼんやり漂流譚/はなこ(花守ゆみり) & ぼたん( 安野希世乃) & レン(吉岡茉祐)

作詞:古屋真 作曲 :木下智哉

ぼんやり漂流譚

ぼんやり漂流譚

キャラソンとしての発売は去年8月なんだけど、知らなかった事とベストアルバムが今年発売だったので許して。

頭おかしいノリノリ曲に三人の歌声がめちゃめちゃ心地よく永遠と聞いていられる曲。

2番のAメロ飛ばし、スクラッチ、『太陽だー!』という叫びポイント。

曲が楽しすぎる。

 

ネジクルパーティクル/螺子川来夢(CV:豊崎愛生
作詞:sasakure.UK、作曲:sasakure.UK

ネジクルパーティクル

化け物みたいな曲が揃いまくったガールフレンド(仮)から選んだ一曲。

sasakure.UKさんの科学的疾走感のあるピコピコ音に豊崎愛生さんの甘ったるい(褒め言葉)キャラクターボイスが絡み合って一番好きなやつ。全部死ぬ。

 

●ひめくり/NU-KO

作詞:村井聖夜、作曲:村井聖夜

オトカミュージック『ひめくり』 - YouTube

いの一番に伝えたいけど、長いから大トリにした一曲。

コナミアイカツこと『オトカドール』という作品。そしてアルバム。

その全キャラクター歌唱、歌い分けを一人でやるという化け物みたいな歌のお姉さんNU-KOさんとの出会いは衝撃でした。

アイカツSTAR☆ANISを一人でやってるようなもんですよ。頭おかしい。

その中から一番好きな一曲。

遠方にいる好きな人を指を1つ2つ折り待ち続けるいじらしい恋歌。

中華的なスローテンポの曲調に、NU-KOさんの特別に伸びのある澄み切った歌声が大好きすぎる。

ちなみにこのNU-KOさん、今年の12月に『佐伯伊織』として、遠藤ゆりかさんで話題の事務所スワロウに準所属になりました。

合わせてよろしくお願いします。 

スワロウの未来は勝手に明るいと思ってます。

 スワロウ

 

 

以上、基本的に甘ったるい女の子の歌声がツボなのがバレバレですね。

来年も楽曲派に見せかけて甘ったるい女の子の歌声を拾っていきたいです。

 

追記:この記事と裏表をなす落選編も公開しましたのでよろしければお読みください。

『2017年楽曲10選』落選編 - ものぐさ姫のキリトリ線

理想的なキャラクターソング

アニメソングのキャラクターソングってあるじゃないですか。

アレで曲譜割り無視した台詞についての個人的な感覚です。

 ちゃっちゃか答えだけ書いていくけども

 

最高位:セリフ読み上げ無く曲全体と歌声でキャラの特性を出す。キャラソンとしてとてつもなく丁寧。大好き。

中間位:2番終わりの大サビ前の間奏で掛け合い台詞を入れ込む。まぁまぁ楽しい。カラオケで字幕が入ってればラッキーなやつ。大抵入ってない。

最下位:なんかもう曲のよくわかんないところでセリフがある。半端なミュージカル的な。

 

スレイヤーズみたいに冒頭セリフ(魔法詠唱)なんて異端もあるけど、まぁ置いといて。

 

どの曲がー!とかは書かないよ。なぁけものフレンズ。あとA3!にもあったね!

書いてんじゃん。まぁいいや深夜だからね。そんじゃあね!ストレスマッハ!俊龍さん愛してる!

想い出SAN値な曲

学生時代にあしげく通ったお店が閉店とのことで、投げ売りセールやってたんですよ。

欲し気なものバカスカと籠にinしてたら、店内BGMに「ぼくのフレンド/みゆはん」が流れまして。

そしたら、なんか閉店する青春の思い出の店と、けものフレンズの廃墟遊園地がフラッシュバックしてね。
f:id:cut_offline:20170618144008j:image

泣けるね。

ていうか泣いたね。

良い歌唄うよ、みゆはんさん。

それだけ。日記。

楽曲家に重きを置け。コーナーで差をつけろ。

2017年も4月ですよ。

まだ2016年くらいの感覚なのにね。

ツイッターで書き逃したり、書こうと思ったけどこっちにまとめた記事。

いろんな方向に飛んだり跳ねたり回ったり。

かなり感直的な話ばかりで、技術論とかは何もないです。

 

ゆいかおりの話

最近の一番のショックは石原夏織さんのシグマ退所スタイルキューブ出戻り、ゆいかおりの休止ですよ。

実ラジ冒頭で電撃休止宣言は流石に動揺があります。

 

とりあえずゆいかおりを振り返ってみてトップ5を厳選。

Our Steady boy(俊龍)、Shiny Blue(俊龍)、ゆびきりカレンダー(山崎)、倍速∞ラブストレート(服部)、ウェイカッ!!(前山田)の5系統ですかね。

ゆいかおりといえば朝寝坊の曲がなんでか刺さる。不思議。

いやほんと聞けなくなるのか。衝撃大きいな。お世話になりました。

 

・スフィアも充電期間。とは言え復帰予定あり。

スフィアもトップ5やろうかと思ったけど、実は1本しか突き刺さったものはないのでそれだけ。

ding! dong! ding! dong!(前山田)

四人の特色をこれでもかと誇張して膨らまして書いた名曲。

四人全くバラバラだけど、それがひとつになるというコンセプトが好き。

2019年に期待。

 

バンドじゃないもん!ってアイドルグループ。

去年のメジャーシングルでQ-MHz使って、アッパーチューンのゴリゴリ曲作ってきました。

かなりのお気に入り。

そんな彼女らがツグモモのOPとタイアップ新曲。

拝聴しましたが今回もQ-MHzがアッパーチューンかち上げてきて最高としか言いようがない。

 2月に出た新アルバムもおすすめなのでして。

 

 ・Q-MHz続きで小松未可子ですよ。

何個かMVやら視聴曲を公開されました。

 小松未可子の3rdアルバム「Blooming Maps」リード曲MV公開 :おた☆スケ【声優情報サイト】

ライブで盛り上がる(小並感)

 

・もう一つQ-MHzといえばこむちゃっとカウントダウン2017のCDですよ。

オムニ7 - セブンネットショッピング|文化放送「こむちゃっとカウントダウン Vocal CD 2017」 通販

櫻井さんのミディアムバラード、井口さんたっての希望の王道アイドル声優ソングの発注。

見事にQ-MHzの味そのまま出してるので、好きならおすすめです。

 

進撃の巨人2期OP「心臓を捧げよ」

偶然聴いたのですが、 バリバリのリンホラ色の曲の壮大さに比べてRevoさんの声質が細すぎひん?

もう少し野太い歌手に唱って欲しいと個人の要望。

とは言え、カラオケの生音機種で歌ったらめっちゃ気持ち良さそう。

 

・告白実行委員のキャラクターソング第二弾。

バリバリのHoney works。

特に刺さったのが3曲目の「可愛くなりたい」/雨宮天

曲間にちょくちょく入る雨宮天さんの半音の「あー」に100天。

ラスサビ前の跳ね上がるピアノソロに100点。

ラスサビ繰り返しで1階音上がりに100点。

300点満点あげちゃう。

 

電波ソングのお話。

個人的に推してる伊ヶ崎綾香さんが、あべにゅうぷろじぇくとのどれちゅ(a.k.a.dRESS(ave;new))さんに曲を書いてもらってました。

接点が急にできててビックリしました。

【イヤホン推奨】癒しの女神の実験台☆ティザームービー - ニコニコ動画

まさにあべにゅうって感じです。

しかしこうして聴き比べると、佐倉紗織さんのハイトーンボイスって頭おかしいくらい高かったと感じてしまう1品。

ファンなのに正直物足りない。

 佐倉紗織さん最高。

 

・作曲家の色が薄い話

バンドリの曲は新進気鋭の若手4人が編曲してる物がほとんどで、Elements Gardenの看板背負ってたり上松氏もちらほら絡んでるはずなんですが、Elements Gardenらしい色がない印象。

ので、個人的にはかなり好き。

お気に入り曲は

ディアドロップ(上松/末益)、夏色 sun sun SEVEN(上松/藤永)、走り始めたばかりのキミに(上松/藤永)

の3曲。特に夏色337は大好き。

余談。なんか歌ってる愛美さんの声、時々林原めぐみさんに聞こえる時がある。

 

スタミュR・O・N様が男性ボーカル曲書いたらしい。

刀剣乱舞ED9以来か?

そう思って歌詞タイム見たら

ヴレイブウィッチーズ イメージソング「狩人の狼煙」/佐藤利奈

って新曲追加があってなんぞ???ってなってる。

「Guilty Kiss , Guilty night(ラブライブSS)」「SSS(ガーリッシュナンバー)」以来の女性声優キャラソン(多分)

めちゃくちゃ楽しみです。

ブレイブウィッチーズ 秘め歌コレクション Vol.4

 ↑amazon唯一書いてあるレビューが、

>スト秘め歌3 「2 hundred over」を担当されたR・O・Nさんが作曲を担当されたということで、アニメのOPとしても使えそうなかっこいい曲調になっています。

もうベストアンサーすぎる。

何を望んでるかを汲み取りすぎでしょうが。

 

新谷良子さんミニアルバム決定。

R・O・N様来い!(直球)

ただそれだけを願う。

宮崎まこっちゃんは黙ってても来るでしょ(ヘラヘラ)

 

田村ゆかりさんミニアルバム決定。

MAGESだからか、志倉千代丸プロデュースって噂だけどどうなんだろうね。ガセかな?

太田さんは来ないだろうな…。どうなるか楽しみです。

 

しかし、ぴたぴたエンジェル組が同じタイミングで再起動は、なんかほっこり来ますね。

 

以上。

鬱憤晴らしで、ざっくばらん。

ご清読ありがとうございました。

『2016年楽曲10選』落選編

リツイートされてきた以下のブログに触発されました。

 

ameblo.jp

前回の記事で10曲選定しましたが、その際に落選した曲が10曲あるのでおまけで公開。

今回は曲感想と落選理由の短編編。

前回の記事→『2016年楽曲10選』

 

以下の条件で今年の10曲をピックアップしました。

・2016年1月-2016年12月14日発売の楽曲(タグで2016となってるもの)

・エピソード補正などの私見を含めて選定

・1アーティスト/作曲家/作品で1曲縛り

恥ずかしながら再生回数などの記録は正確に記録してないので、私個人としてはそこは除外。

 

●大好き。ありがとう。/petit milady (詞:渡部紫緒 曲:松坂康司)
最後まで当落選を反復横跳びしていた。合唱デュエットとピアノが心地よい一曲。
何かわからないけどまだ伸びる余地を感じる。10位の壁を突き抜けるものがなかった。


●花に赤い糸/麻倉もも (詞:HoneyWorks 曲:HoneyWorks
HoneyWorksの曲と麻倉さんの3:14の『は~ぁ!!』という抜ける声が好きすぎる一曲。
『初めての“好き”をありがとう』じゃないんだよ!両想いになれよ!(泣)にて選外。


●Winning Day/KARAKURI(秋奈) (詞:SATSUKI-UPDATE 曲:SigN)
ジャギジャギな曲を秋奈さんが綺麗に歌い上げた一曲。秋奈さんが凄い。
レギュレーションの作品被り(Tokyo 7th シスターズ:SEVENTH HAVEN)にて選外。


idc/南條愛乃 (詞:KOTOKO 曲:黒須克彦
「かわいいって言われるのキライ」って棘を見せるけど、可愛い曲と声で送る矛盾曲。
レギュレーションの作曲家(黒須克彦[Q-MHz]:I, my, me, our Mulberry)にて選外。


●Days/渡部優衣 (詞:Lily-Rings・KOH 曲:KOH)
KOHさんのほわほわした曲調と、ゆいとん抜けるような唄い方上手くね?って曲。
レギュレーションの作曲家(KOH:秘密のメモリーズ)にて選外。


●ドリドリ/セレナ (牧口真幸) (詞:中川翔子岩里祐穂 曲:鈴木健太朗)
しょこたん楽曲のカバー。“ポケモン史上最も可愛い曲”と銘打たれるくらい可愛い曲。
本当にベタベタに可愛いんだけど、ベタベタすぎるという理不尽な理由で落選。


●ワク☆ドキSHOOTER/奈々菜パル子 (徳井青空) (詞:うらん 曲:山口朗彦
いつも通りパル子元気な徳井×山口の一曲。
途中にSUPER∞STREAMのコードなどもあり、山口ファンはニヤッとする。
裏返っていつもどおりすぎるって理不尽な理由と、楽しみ方がコアすぎるかなって理由で落選。


●お願いシスター!/ミラ・フェンリエッタ (下田屋有依) (詞:矢内景子 曲:矢内景子 編:近谷直之)
心地よいドラムと暴れるピアノや金琴管と疾走感。
伸びやかな歌声に下田屋さんの光るものを感じる一曲。
キャラを知らないせいで、歌詞がキャラソンすぎるのが足を引っ張ってしまい落選。


●黄金時代/RADIO FISH (詞:RADIO FISH 曲:宮田リョウ)
三味線が心地よい和風の攻め曲に無条件に降伏。
オリエンタルラジオ藤森さんの中性寄りな男性ボイスも良い一曲。
歌詞がね~。RADIO FISHのコンセプト的にしかたないけど、中田敦彦すぎるw。


アナーキーインザ夕景/ここなつ (日南結里 & 小澤亜李) (詞:ぬゆり 作:ぬゆり)
ボカロっぽいギターが頭おかしすぎる曲。ここなつの二人も曲に合わせてイケボ。
なんなのか聞いてて疲れるというか、聴くのにカロリー使いすぎて普段聴きできないので落選。

 

以上の落選10選。

もちろん他にも何百曲も落選曲はあるけれど、この10曲は健闘したってことで紹介。

勝手に書き散らす日記だしね。。。。。暇なんだよ(直球)

 

『2016年楽曲10選』

リツイートされてきた以下のブログに触発されました。

 

ameblo.jp

記録として残しておくのも乙なものかなぁと。

日記だし。

追記:続編も書きました。選外の10選です。

『2016年楽曲10選』落選編 - ものぐさ姫のキリトリ線

 

以下の条件で今年の10曲をピックアップします。

・2016年1月-2016年12月14日発売の楽曲(タグで2016となってるもの)

・エピソード補正などの私見を含めて選定

・1アーティスト/作曲家/作品で1曲縛り

恥ずかしながら再生回数などの記録は正確に記録してないので、私個人としてはそこは除外。

 

●SEVENTH HAVEN/セブンスシスターズ(詞:kz(livetune) 曲:kz(livetune))
2016年に狂った様に聞いた曲。2時間ぶっ続け爆音リピートとかしてました。
ゲーム内でレジェンドアイドルを謳った、それに恥じない一曲。
かっこよすぎて、生涯で初めて曲を聞いて興奮で鼻血が出ました。

 

●I, my, me, our Mulberry/Q-MHz Feat. 東山奈央(詞:Q-MHz 曲:Q-MHz
Q-MHzとかいうレジェンド集団が、歌い手の特性を活かして好き勝手作ったアルバム。
その中でも東山奈央という声優に、声優東山奈央として架空のキャラクターソングを歌わせたと言っても過言ではないこの一曲。
左右のステレオの遊ばせが好みです。
今年だけでQ-MHzは田所さんやバンドじゃないもん!など、声優からアイドルまで二桁以上の曲がお気に入りになってるけど、その中から一曲選ぶならこれ。

●秘密のメモリーズ/四条貴音 (原由実) x 豊川風花 (末柄里恵)(詞:KOH 曲:KOH)
片想いの魔術師KOHさんが送る2016年度最強の片想い。
流れるような切ないメロディーラインから溢れ出る、秘めたる片想いの切ない歌声のマッチ具合が完璧。
HoneyWorksも片想いの魔術師なんだけど、お気に入りの「花に赤い糸」や「センパイ。」などの歌詞がバッドエンドなのがね…。

●ON AIR/平井堅 (詞:平井堅/曲:平井堅)
軽めの音から、各人の青春や歴史を思い浮かべさせる一曲。
みんなに送る歌詞なんだけど、聴いた各々が思い浮かべるミュージックは違う。
まさにラジオを題材にしてるなーとお気に入りです。

●初恋の棘/Pyxis (詞:中村彼方/曲:俊龍)
頭からフルスロットルで俊龍
歌声に入る手前の駆け上がりの俊龍に一発KOでした。
それ以降も俊龍曲に載せた初恋手前の痛みを、若さ溢れるPyxisのお二人が歌い上げてて大好きです。

 

●流れ星ビバップ/山本和臣 (詞:小沢健二/曲:小沢健二)
中性的な声に惹かれて手を出したこのアルバム。
ビバップながら明るめで手を出しやすい曲調と、すっごいマッチした山本さんの歌声。
あと調べたら歌手の小沢健二さんの楽曲のカバーでした。
どうりでカラオケで同名の曲あるなーとなってた謎が解けました。

 

●ESCORT/早見沙織 (詞:渡辺翔/曲:渡辺翔)
シックでジャジーな曲調x早見沙織の歌声。◎。花丸。
今まで個人的にかっちりとハマってなかった、早見沙織さんの歌声の最適解がこちらと言いたい。

 

●Bloody Festa/白坂小梅 (桜咲千依) (詞:ミズノゲンキ/曲:夏海)
メタル調のギターとドラムに、白坂さんの超ロリボイス。
寒暖差で風邪を引きそうな一曲。
幼女が巨大な斧持って戦うようなアンマッチさが大好きなとこから選出。

 

●Chérie!/チームしゃちほこ (詞:SAKRA/曲:SAKRA)
PVのくるくる変わるファッションの可愛さと、曲の可愛さを掛け合わせた可愛さ2乗盛りみたいな曲。
AbemaでやってたPV垂れ流し番組で知った一曲。
あれがなかったら生涯出会わない、人生どこで曲と出会うかわからないなぁという思い出の一曲。

 

●Guilty Night, Guilty Kiss!/Guilty Kiss (詞:畑亜貴/曲:R・O・N)
R・O・N様が手掛けていたSTEREO DIVE FOUNDATION系統の楽曲をかなりポップにチューンさせて、彼女達のキャラクターソングの枠に収めた作品。
歌声の小悪魔っぽさといい高校生に収まりきれてないけど。またそこが良い。

 

 

以上の10曲が今年のベスト10になります。

今年は大きな柱を失ったり、男にも手を出したりアイドルにもミュージカルにも児童向けソングにも手を出したり、まさに老若男女に手を出し始めました。

歌のフィールドは広いですが、好き嫌いなく手を出し始めた1年でした。

来年もいろんな楽曲に出会えることを祈ってます。